Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

申込みをペーパーレス化 JA共済連が改革案2014年7月28日

一覧へ

 JA共済連は「農協改革」への具体的な取り組み策を7月24日に公表した。

 農協改革でJA共済連は「単位農協の共済事業の事務負担を軽くするような改善策を早急に示す」ことが求められている。
 これに対してJA共済連は平成24年5月の農協共済審議会答申で示された連合会改革に基づいて、JAの事務負担軽減を進めていく。
 具体的にはJAとJA共済連の業務分担を順次見直し、一部支払査定業務をJA共済連が実施するなど事務負担を軽減し、JAは組合員・契約者対応を強化する。
 また、JA支援機能を担う職員の重点配置を図るため、県域を越えた生命査定機能・引受審査機能を担う業務センターを東海地区と北陸地区で設置し4月から稼働させた。残り5地区でも来年4月には業務センターを稼働させる予定だ。JAへの訪問指導などを増やすことでJAへの支援、事務負担軽減を推進していく。 また、事務・電算システムも見直す。具体的には契約申込書のペーパーレス化や共済掛金のキャッシュレス化などで事務負担を減らす方針だ。

(関連記事)

地域密着事業を推進 JA共済連25年度決算(2014.07.28)

改革を着実に実践 市村JA共済連新会長(2014.07.25)

荒波乗り越えて使命を JA共済連安田前会長(2014.07.25)

優績LA1081名を表彰 20年の節目 JA共済連(2014.07.22)

農林中金 渉外担当の交流深め、満足度向上へ(2014.07.15)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る