左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業景況DI大幅下落 設備投資は過去最高2018年9月26日

一覧へ

 日本政策金融公庫農林水産事業によると平成30年上半期実績の景況DIは、過去最高を記録した平成29年通年実績から17.9ポイント下落し3.3となった。また30年通年の景況DIは、業種全般で慎重な回答が多く、29年より33.6ポイント低下し▲12.3とマイナスに転じる見通し。設備投資景況DIは過去最高だった。

 上半期の販売単価DIは25.2から▲7.9に下落した。これに加えて生産資材や労賃などの生産コストが上昇し、収支・資金繰りが悪化した。一方設備投資DIは14.2となり、29年の過去最高値(3.6)を大幅に更新した。設備投資によって業務の効率化が進み、労働力不足などの課題に対応することで、農業の生産性の向上が期待される。
 畜産が、比較的高い価格帯にあることから景況DIがプラス値を維持。耕種は全般的に低下しているが、29年に引き続き相場が好調な果樹や畑作はプラス値を維持している。他方施設園芸、茶、きのこ、施設花きの景況DIはいずれもマイナスになった。特に茶は相場が過去最低の水準に下落しており、景況DIは大幅に悪化した。
 30年通年見通しは、夏場の天候不順で作柄が不安視される畑作や露地野菜、政策の大きな見直しが行われた稲作も、今後の先行き不安や足元の販売価格が低下傾向にあることから景況DIは低下し、マイナスに転じる見通しとなっている。

 

(関連記事)
農業景況DIは過去最高を更新 日本公庫(18.03.22)
【インタビュー・石破茂・自民党衆議院議員に聞く】農業の潜在力がこの国を創る(17.12.08)
若い世代ほど農業体験に興味 日本公庫が調査(14.10.01)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る