想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

映画祭やマルシェなど「大丸有エリア」でSDGsに関するサスティナブルなアクションを展開2020年8月25日

一覧へ

三菱地所、農林中金、日本経済新聞社、日経BP などで構成される大丸有 SDGsACT5実行委員会は、就業者約28万人、約4300事業所が集う大丸有エリアを活用し、「大丸有 SDGs ACT5」として、SDGsに関連する様々な取り組みを推進している。

大丸有SDGs 映画祭2020

初年度となる2020年度は、「サステナブル・フード」「気候変動と資源循環」「WELL-BEING」「ダイバーシティ」「コミュニケーション」という5つのテーマを設定。5月に開かれた「日経大丸有エリアSDGsフェス」を皮切りに、社食でのフードロス削減実験や「産地直送バスあいのり便」を活用した新たな産地との取り組みなど約7か月間にわたって31個のアクションを展開してきた。これらは、合計約45 社(実行委員企業を含まず)と連携した取り組みで、多くの企業と協業することで、大丸有エリアを中心によりたくさんの人々にSDGsへの共感を深めるもの。

東京駅前にある丸の内ビルの敷地内外構部スペースを活用する取り組み「サステナブルゾーン」では、7月27日から食を起点とした取り組みを始めた他、8月21日から9月6日までの期間は、東京ビエンナーレ2020/2021と連携し、アートを起点としたメッセージを発信している。

また、8月31日からは、「大丸有SDGs ACT5」のシンボルイベントとして「大丸有SDGs 映画祭2020」を開催。大丸有エリアの様々な会場で、SDGsを切り口に集めた長編・短編映画を上映するほか、トークショーやオンライン上映も実施する。

<主なイベント>
■大丸有SDGs ACT5×東京ビエンナーレ2020/2021<開催中>
期間:8月21日~10月25日

■「大丸有 SDGs 映画祭」
会期:8月31日~9月5日

【大丸有 SDGs ACT5】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る