Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

投資信託部門・北米株式コアで「最優秀ファンド賞」受賞 農林中金バリューインベストメンツ2021年4月28日

一覧へ

農林中金バリューインベストメンツ(NVIC)が投資助言を行う「農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶね」が、格付投資情報センター(R&I)による「R&Iファンド大賞 2021」の投資信託部門/北米株式コアで「最優秀ファンド賞」を受賞した。

「R&Iファンド大賞 2021」は、純粋な運用実績による定量評価のみで、投資信託とiDeCo・DC、NISA の各分野で優れたパフォーマンスを示したファンドを表彰するアワード。2007年から毎年開かれ、恣意性を排除した基準により第三者の立場から選定する賞として、多くの資産運用関係者に知られている。

3月末における3年間の最大ドローダウンが下位75%のファンドを対象に、3年間のシャープ・レシオによるランキングに基づいて選考が行なわれた結果、「農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶね」が、投資信託部門において今年新たに分類された「北米株式コア」カテゴリーで「最優秀ファンド賞」を受賞した。

NVICの奥野一成CIOは、「おおぶねの投資哲学を通じて厳選された『構造的に強靭な企業』は、コロナ禍の危機的な状況でも下方硬直性が高いという特徴を確認でき、"企業価値の源泉"に関する深い理解に根差した我々の投資スタイルに一層確信を深めた。今後も長期的な目線でリスクを抑えながら高いパフォーマンスをめざして運用していく」とコメントしている。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

イソクラスト:SP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る