おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

サステナビリティ経営の「重点取組およびKPI」を公表 JA三井リース2022年5月27日

一覧へ

JA三井リース株式会社は、サステナビリティ経営をさらに推進させるため、マテリアリティに基づいた「重点取組およびKPI」を定めた。

同社は、2021年4月に同社グループが優先して取り組む5つのマテリアリティ(重要取組課題)を定めた。詳細は下記の通り。

1.カーボンニュートラルの実現に貢献
【脱炭素に向けた再生可能エネルギー普及とトランジション促進】
・再生可能エネルギー関連投融資額に累計5000億円(2021~2030年度)。
【自社が排出する温室効果ガスの実質ゼロ】
・2030年度の温室効果ガス排出量を50%削減(2021年度比)。
・2050年度の温室効果ガスを実質ゼロ。

2.サーキュラーエコノミーの推進
【3Rによる資源循環の促進】
・リース返却物件のリサイクル率95%以上。
・バイオマスの利活用やシェアリングビジネス等、モノの価値を維持して廃棄物の発生を最小化する取り組みの創造・参画。

3.持続可能な農林水産業と地域活性化に貢献
【多様なソリューション提供による農林水産業の生産基盤維持・強化】
・農林水産業の個別課題を解決する、金融にとどまらないソリューション提供を通じた、生産基盤維持・強化に寄与する取り組み。
【地域が抱える課題の解決に資する社会・生活インフラの整備】
・地域資源の活用と内外のネットワークを通じた適切なソリューションの提供による、豊かなまちづくりに寄与する取り組み。

4.技術革新による豊かな社会の実現に貢献
【パートナーとの連携による新たな価値を有するモノ・サービスの普及】
・技術・ノウハウを有するパートナーへの累計投資先数。
・パートナー連携によるモノ・サービスの契約件数。

5.多様性を尊重し、誰もが活躍できる職場づくり
【「挑戦する」企業風土の確立と多様な人材の活躍領域拡大】
・社員エンゲージメントスコアの導入。
・女性管理職比率20%(2040年)。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る