第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

令和4年度「共済事務インストラクター全国交流集会」開催 JA共済連2022年11月18日

一覧へ

JA共済連は11月1日、全国のJAから54人の共済事務インストラクターが参加した「令和4年度 共済事務インストラクター全国交流集会」を開催。JA共済豊洲センター(東京都江東区)での実開催とTeamsを活用したオンラインの併用によるハイブリット方式で開かれた。

パネルディスカッションの様子パネルディスカッションの様子

共済事務インストラクターは、組合員・利用者との接点となる支店窓口担当者を指導・支援するJA職員の呼称で、10月現在、全国で3681人が活躍している。JA共済事業における自己改革のひとつである「JAの事務負荷軽減」を受けてJA窓口の事務手続きが大きく変化する中、その役割はますます重要性を増している。交流集会は、外部講師の講演や少人数による分科会等を通じて、モチベーションの向上、明日から実践できる業務のヒントを得られるよう、平成21年度から実施している。

今回の交流会開催にあたり、全国本部事務開発部の関戸功部長は「本日ご参集いただいた皆さまは、JA共済事業における事務面のキーマン。本日の交流集会では、外部講師の講演やパネルディスカッションや分科会など、他県のインストラクターとの情報交換を通じて、多くの活動のヒントを得ていただくことができれば」とあいさつした。

分科会の様子分科会の様子

この日は、外部講師として招かれたウィルソン・ラーニング ワールドワイド専任インストラクターの三木博氏が、「効果的な時間管理のススメ~自身と関係者がいきいきと活動するためのヒント~」と題して講演。タイムマネージメントやコミュニケーション能力のスキルアップについて伝えた。

続いて行なわれたパネルディスカッションではパネリストとして、共済事務インストラクターの髙野久美子氏(JAいわて中央)、高橋直也氏(JA利根沼田)、浦田綾子氏(JAぎふ)、河野新太郎氏(JA香川県)、川添雄一郎氏(JAからつ)の5人が、日頃の活動や事務指導における工夫点などを発表。また、5~7人のグループに分かれて分科会を行い、「事務レベル向上に向けた取組み」などをテーマに約2時間にわたって、日頃の取組みや工夫点などを発表・共有した。さらに、フリーアナウンサーの福澤朗氏が「NOチャレンジ NO LIFE!チャレンジライフのコミュニケーション術」をテーマに、今後の活動につながる話題を提供した。

最新の記事

右上長方形:NTTアドSP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る