人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
イソクラスト_フロアブル_SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

利上げで債券など評価損▲1兆6500億円 農林中金第3四半期決算2023年2月8日

一覧へ

農林中央金庫は2月7日、2022年度第3四半期決算を発表した。欧米を中心とした利上げにともない外貨調達コストが大幅に増加、収支を圧迫し経常利益は前年同期比▲532億円となった。

経常収益は1兆7596億円で前年同期比8153億円増となった。このうち欧米を中心とした利上げにともない利息配当が上振れし、資金運用収益は同4706億円増の9662億円となった。

一方、利上げにともない外貨調達コストが大幅に増加し、資金調達費用は同5062億円増の8895億円となり、事業管理費とあわせた経常費用は同8685億円増の1兆5919億円となった。

この結果、経常利益は1676億円となり同▲532億円となった。

利上げで債券など評価損▲1兆6500億円 農林中金第3四半期決算

総資産は99兆3350億円で同▲6兆8033億円となった。要因は有価証券の保有額の縮小。金利上昇で債券の評価額が下がるため売却し残高を減らした。

純資産は5兆3187億円で同▲1兆9759億円となった。

市場運用資産残高は約52兆9000億円で前年度末にくらべて▲6兆7000億円となった。

利上げで債券など評価損▲1兆6500億円 農林中金第3四半期決算

急激な金利上昇で債券を中心とした有価証券は含み損が膨らんでいる。有価証券評価損益では▲1兆6523億円を計上した。農林中金は利回りの高い債券に買い替えるなど運用資産の内容改善に取り組み「金利上昇への耐性をつけてきた」。自己資本比率は半期決算時では15.86%(総自己資本比率)。今期の自己資本比率は2月24日に開示されるが「自己資本は手厚い」として健全性を保っていると話している。

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る