人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

ネイチャーポジティブ支援で 農林中金など FANPS発足2023年3月1日

一覧へ

農林中央金庫、株式会社三井住友フィナンシャルグループ、MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社、株式会社日本政策投資銀行の金融機関4社は、企業における事業活動のネイチャーポジティブ転換を促進し支援することを目的とした協議体「Finance Alliance for Nature Positive Soluitions」(FANPS)を発足させた。

FANPSの活動(概念図)

ネイチャーポジティブは、2022年12月の国連生物多様性条約COP15で採択された「昆明・モントリオール生物多様性枠組」で、「2030年までに生物多様性の損失を食い止め、回復傾向へ向かわせる」として取り入れられた考え方。企業は自然への過度な依存の緩和、生態系の復元など、ネイチャーポジティブに向けた取り組みが求められている。

農林中央金庫など金融機関4社は、この世界的潮流を踏まえ、企業への支援、国内の機運醸成が必要と考え、FANPSを発足するに至った。

今後、FANPSはネイチャーポジティブに有効なソリューションのカタログを2023年12月に発表することを念頭に調査、整理するとともに、ネイチャーポジティブに資する企業活動への転換を支援、促進するファイナンスを検討していく。

また株式会社農林中金総合研究所、株式会社日本総合研究所、MS&ADインターリスク総研株式会社、株式会社日本経済研究所もFANPSのメンバー。FANPSは国立研究開発法人国立環境研究所と共同研究契約を締結し、科学的見地からの助言をもらう。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る