人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

ESG投資を実施 ADB発行ヘルス・ボンド、ウォーター・ボンドへ投資 JA共済連2024年1月23日

一覧へ

JA共済連は、アジア開発銀行(ADB)が発行する、ヘルス・ボンド(約50億円)とウォーター・ボンド(約50億円)への投資を決定した。

ⒸAsian Development BankⒸAsian Development Bank

ADBは、アジア・太平洋地域において、極度の貧困を撲滅する取り組みを続けながら、豊かで全ての人々に恩恵が行き渡り、災害等に対し強靭で信頼性と持続可能性に優れた地域社会づくりに尽力している。JA共済連は、同債券への投資を通じて、ADBの取り組みを資金面から支援する。

JA共済連は、農業協同組合が理念とする「相互扶助(助け合い)」を事業活動の原点とし、「ひと・いえ・くるまの総合保障」の提供、さまざまな地域貢献活動を通じて、組合員・地域住民の豊かで安心な地域社会づくりをめざしており、取り組みの一つひとつが、SDGsの実践そのものと考えている。

同債券により調達された資金は、保健衛生・医療システムの拡充、持続可能な給水サービスの開発などのプログラムに活用される。ヘルス分野におけるプログラムは、アジア・太平洋地域の人々が、公平で質の高い医療サービスを利用できるシステム構築を支援するとともに、予防医療、健康促進策およびプライマリ・ケア(特に貧困層)などの促進にも活用される。また、ウォーター分野におけるプログラムは、水資源を効率的に活用するインフラ整備や安全な水供給により、農村地域の人々の保健衛生を大きく改善させるとともに、気候変動への適応、防災、環境・生態系の保全にも配慮。農産物の生産性向上と食料安全保障を促進させる。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る