人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

巨大地震のリアルな揺れ 外国人が体験『ザブトン教授の防災教室』 JA共済連2024年6月27日

一覧へ

JA共済連は6月19日、兵庫県姫路市で開かれた「世界銀行防災グローバルフォーラム2024」で、JA共済オリジナルの体験型防災・減災プログラム『ザブトン教授の防災教室』のブースを出展。巨大地震への備えの大切さと、地震大国日本の防災・減災の取組みを紹介した。

当日は、フォーラムに参加した世界各国の防災に関する専門家をはじめ、一般来場者など世界各地から計24か国、109人が、「地震ザブトン」を体験。巨大地震発生を"自分ごと"とすることを促し、防災意識を高めてもらった。また、地震大国日本におけるJA共済の防災・減災の取組みを紹介する機会となった。

『ザブトン教授の防災教室』を体験する女性『ザブトン教授の防災教室』を体験する女性

『ザブトン教授の防災教室』は、JA共済が全国で展開している体験学習型イベントプログラム。イス型の地震動体験装置「地震ザブトン」を用いて過去に起こった巨大地震のリアルな揺れを再現し、日頃から家具固定など地震に「備える」ことの重要性を呼びかけている。

今回のブースでは、「阪神・淡路大震災」や「東日本大震災」などの巨大地震のほか、近い将来に発生が懸念される「南海トラフ地震」で想定される揺れなどを体験。カザフスタンから参加した女性は「自国では大きな地震を経験したことがないこともあり、地震に対する備えもしていなかった。現在、50年程前に建てられた家に住んでいるが、今回の体験で耐震補強がきちんとされているのかなど、とても不安になった」と感想を述べた。また、ドミニカ共和国から参加した男性は「日本で地震が多いことは知っていたが、このフォーラムに参加して実際に起きた地震の揺れを体験できたことはとても良い経験になった」と話していた。

世界各国からの来場者でブースは大盛況世界各国からの来場者でブースは大盛況

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る