米・麦・大豆 ニュース詳細

2013.11.26 
フィリピンへ米400万食支援 農水省一覧へ

 農水省は11月22日、11月上旬に台風30号で甚大な被害を受けたフィリピンに対し、「ASEAN+3緊急米備蓄(APTERR)」への拠出金を活用し50万ドル相当のコメの現物支援を行うと発表した。

 APTERRは、ASEAN10カ国と日中韓3カ国による緊急用の食糧備蓄協定で、大規模な災害があったときに迅速な対応を行うためのもの。
 2012年7月に協定が発効し、日本は同年12月にフィリピンの台風24号被災者への支援を行った。
 今回の支援をコメの国際相場で換算すると約500tとなり、フィリピンの消費量をふまえると約400万食に相当する。
 現地政府によると、今回の台風30号による死者は5000人を超え、いまだに1500人以上が行方不明だという(ともに22日現在)。


(関連記事)

フィリピンへ緊急食糧支援 農水省(2013.01.04)

食料安保のため東南アジアで米備蓄 ASEAN+3会合で協定を採択(2011.10.12)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ