米・麦・大豆 ニュース詳細

2014.05.08 
福島米を1万人にプレゼント JA全農福島一覧へ

 JA全農福島は福島県産の米を多くの人に食べてもらおうと、25年産福島米が1万人にあたるキャンペーン「くってみなんしょ!ふくしまの米」プレゼントキャンペーンを展開している。

 福島では、安全な農産物を消費者のもとへ届けるとともに、原発事故による放射能汚染の風評を払拭しようと、事故以来米の全量全袋検査を行い徹底した安全対策を実施している。
 今回、JA全農福島はこうした取り組みや、福島米のおいしさを1人でも多くの消費者に知ってもらおうと、このプレゼントキャンペーンを企画した。
 インターネットのキャンペーン特設サイトか、またはハガキでキーワードと必要事項を書いて応募すると、抽選で1万人にふくしまの米(2kg)が当たる。
 応募は6月30日まで。詳しくは、特設サイトで。

 くってみなんしょ!ふくしまの米プレゼントキャンペーン 


(関連記事)

「脱原発」 福島の現実から未来を拓こう(2014.04.21)

雪害対策で奮闘するJA全農(2014.03.20)

福島原発事故から1000日 農業の再建へ模索の1年  JA福島中央会会長・庄條徳一会長に聞く(2013.12.20)

福島で初開催 JAグループが「食の商談会」(2013.11.21)

「園芸王国福島を未来へ」 JA、県が説明会(2013.04.16)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ