左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米の民間在庫190万t 6月末2014年7月30日

一覧へ

 農林水産省は7月29日、25年産米の6月末在庫量や販売状況などをまとめ公表した。

 6月の相対取引価格は全銘柄平均で1万4238円/玄米60kgで前月比で▲1.0%となった。24年産米の同時期価格とくらべると▲12.1%となっている。
 6月末現在の契約状況は350万tの集荷数量に対して81%、販売数量は60%となっている。
 民間在庫は出荷・販売段階をあわせて190万tで前年同月にくらべて33万t多い。事前契約数量は集荷数量に対して38%となっている。24年産米では同時期で43%だった。


(関連記事)

販売農家の米在庫量、前年より3%増(2014.07.30)

販売農家の米販売量、前年比3.2%増 農水省(2014.07.30)

ごはんを食べる女性は健康 JA全農が調査(2014.07.18)

金芽米の生産・販売量が大幅増伸 東洋ライス(2014.07.08)

米の購入、「ネット・通販」が大幅増(2014.06.30)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る