米・麦・大豆 ニュース詳細

2014.08.29 
輸入小麦売り渡し価格 わずかに引き下げ一覧へ

 農林水産省は8月26日、10月からの輸入小麦売渡価格を決めた。

 輸入小麦の直近6か月間(26年3月〜8月)の平均買付価格は、▽小麦の国際相場が2月以降、米国での乾燥・凍害懸念やウクライナ情勢を受けて上昇したものの、5月以降は世界在庫量見込みが潤沢なことから低下したこと、▽為替や海上運賃についても大きな変動がなかったことなどから、前期とほぼ変わらない水準となったという。
 そのため10月期(10月〜27年3月)の輸入小麦の政府売り渡し価格は5銘柄平均(税込み価格)で、前期とほぼ同水準の5万8330円となった。対前期比で▲0.4%とわずかな引き下げとなる。


(関連記事)

「攻めの農業」でマッチングフォーラム(2014.08.20)

自給率39%、4年連続 25年度(2014.08.05)

モンゴルとのEPA 大筋合意(2014.07.23)

小麦の遺伝子解読に成功 生物研など(2014.07.18)

エルニーニョで米収量減る 豊凶予測が正確に(2014.05.22)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ