Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

エルニーニョで米収量減る 豊凶予測が正確に2014年5月22日

一覧へ

農環研、海洋機構が世界で初めて解明

 (独)農業環境技術研究所と(独)海洋研究開発機構は、エルニーニョ、ラニーニャ現象と世界の主要穀物の生産量との関係性を明らかにした。今後、穀物の豊凶予測が、より正確で素早くなると期待される。

 エルニーニョ現象とは、太平洋東部の赤道付近の海面温度が平年より高い状態が続くこと。ラニーニャは逆に低くなる現象を指す。海面温度に異常があると気温や降水量の変動が起きやすいため、両現象は世界的な作物の収量にも影響を及ぼすと言われている。
 両現象と農産物の収量については、これまで地域を限定した研究はされていたが、今回、両研究所は、世界的な視点にたった影響を世界で初めて明らかにした。
 その結果、トウモロコシ、米、小麦の収量は、両現象が起こると平年を下回ること、とくに米、小麦はラニーニャの年に大きく減り、トウモロコシはエルニーニョの年に大きく減ること、さらに大豆の収量はエルニーニョが起きると大きく増えることがわかった。
 両現象の発生予測は、精度が高く早い時点でできるため、この研究成果を元に、今後、世界の穀物の豊凶予測がより確実に早くできるようになると期待される。
 この研究成果は5月15日付で英国科学誌『Nature Communications』オンライン版に掲載された。

 エルニーニョラニーニャと穀物収量 

(グラフ)
エルニーニョ年とラニーニャ年、通常年の世界平均収量の平年収量に対する差の頻度分布。


(関連記事)

台風・竜巻への不安高まる 地球温暖化の影響(2014.02.26)

再生可能エネルギーの推進求める 生活クラブ(2014.01.15)

世界中の農業環境の変化、簡単に検索・閲覧(2014.01.10)

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る