米・麦・大豆 ニュース詳細

2014.10.20 
主食用米価、上昇の見方も 米穀機構が調査一覧へ

 米穀機構が9月に実施した米取引関係者へのアンケート調査では、向こう3カ月の主食用米価は高くなるとの見方が示された。今年1月以来8か月ぶりに高くなるとの見方に転じた。

 米穀機構は生産者、集出荷業者、卸・小売業者などに米の需給動向や価格水準などの見通しを調査している。調査結果をDIとして算出している。DIが「100」に近づけば「需給が締まっている、将来締まる」あるいは「価格が高くなる」という見方が前月よりも強くなったことを示す。
 主食用米の需給の現状については「16」で前月からマイナス1。向こう3か月の需給見通しについては「19」で前月と変わらなかった。
 米価水準にについては、現状判断は前月よりマイナス8の「16」とさらに米価が下がっているとの見方が示されたが、向こう3か月の見通しは前月よりプラス4の「23」で米価水準が高くなるとの見方が強まった。
 この判断を行うために考慮した要因は「米穀の調達状況」35%、「国内の在庫水準」34%、「競合商品の販売動向」10%、「作柄」9%などだった。

(関連記事)

(89)「概算要求のポイント」の問題点(2014.10.16)

米価下落でほくそ笑む人たち(2014.10.06)

米価下落につなぎ資金を 萬歳・JA全中会長(2014.10.03)

【26年産米 米価暴落】苦しいのは生産者と米卸(2014.10.02)

【米価暴落】空前の低米価 農家経営を直撃(2014.09.22)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ