米・麦・大豆 ニュース詳細

2014.10.28 
倒れにくく、いもち病に強いモチ新品種「ときめきもち」を育成一覧へ

 農研機構は、短稈で倒れにくく、いもち病に強い良食味水稲モチ新品種「ときめきもち」を開発した。

 「ときめきもち」は、短稈の「きぬのはだ」より稈長がやや短く、移植でも直播でも安定して倒れにくい品種で、直播栽培によるモチ米の省力・低コスト栽培に適している。また、いもち病にも強いという特徴がある。
 収量は、秋田県大仙市での栽培では、多収の「きぬのはだ」と同程度で、「ヒメノモチ」より多収となっている。出穂期、成熟期は「中生」。栽培適地は東北中部以南で、耐冷性は、やや強い程度で「ひとめぼれ」よりは弱いので、冷害常発地帯には向かない。
 秋田県内の一部産地で、米菓の原料に用いる加工用モチ米として、当面500haの作付けが見込まれている。

現地圃場(秋田県南秋田郡大潟村)の「ときめきもち」左:きぬのはだ、右:ときめきもち

(写真)
現地圃場(秋田県南秋田郡大潟村)の「ときめきもち」
左:きぬのはだ、右:ときめきもち


 
この件に関する問い合わせは
農研機構東北農業研究センター企画管理部業務推進室運営チーム
電話019-643-3443へ

(関連記事)

省力多収のナス新品種「あのみのり2号」(2014.09.22)

アブラムシの天敵を製剤化アブラムシの天敵を製剤化(2014.06.18)

国産レモン生産拡大に期待 新品種「璃の香」(2014.05.29)

西日本向き低アミロース米開発「ぴかまる」(2014.04.10)

すす紋病に強いサイレージ用トウモロコシ(2014.04.10)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ