Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

国産レモン生産拡大に期待 新品種「璃の香」2014年5月29日

一覧へ

 農研機構果樹研究所はかいよう病に強く、豊産性で、加工適性に優れたレモン新品種「璃の香(りのか)」を開発した。

「璃の香」結実の様子 レモンはかいよう病に弱いため、国産の産地は温暖で降水量が少ないような瀬戸内地方などに限定されていた。
 今回、農研機構が開発した「璃の香」を全国のカンキツ類産地24カ所で試験栽培したところ、従来品種のかいよう病未発病割合が50%程度であるのに対し、80%を超えるなど、発病程度が明らかに低く、強い抵抗性を示した。
 果実は200g程度で従来品種に比べて大きく、11月下旬ごろから成熟果実が収穫できる。果皮が薄く、果汁が多く、酸味がまろやかで、種がない、など加工適性に優れているのも特徴で、「国産レモンの生産拡大が期待できる」(農研機構)新品種だ。
 5月15日に品種登録出願が公表され、平成27年秋季から苗木が販売される予定。種苗の配布などについての問い合わせは農研機構果樹研究所企画管理部運営チーム(TEL:029-838-6443)まで。

(写真)
「璃の香」結実の様子

調査試験地の割合

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る