想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:シグナム
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

すす紋病に強いサイレージ用トウモロコシ2014年4月10日

一覧へ

 農研機構北海道農業研究センターと北海道立総合研究機構はこのほど、すす紋病に強いサイレージ用トウモロコシの新品種「きよら」を育成した。低温での生育がよく、北海道の道央北部、十勝中部および北見・網走内陸部が適地。

「きよら」の栽培適地 「きよら」は、両機構が共同育成した親系統「Ho112」と「Ho100」の組み合わせによる一代雑種(F1)品種。平成26年2月に品種登録された。
 すす紋病に“極強”で、耐冷性は“強?やや強”。早晩性は“中生の早”で収量は同じ早晩性の「ブリザック」並み。
 北海道のサイレージ用トウモロコシは、全国の約50%強の生産がある。価格の高い輸入濃厚飼料を削減するため、生産の拡大が期待されているが、近年、冷涼地の代表的な病害であるすす紋病や赤かび病 根腐病などの病害が増えていた。また生育初期の低温や日照不足による生育遅延がしばしば起こっていることから、新しい品種の育成が望まれていた。
 種子は26年5S月から、日本草地畜産種子協会から飼料作物を扱う各種苗会社を通じて入手できる。

 


(関連記事)

機能性成分引き出す給茶機開発 農研機構(2014.04.03)

農研機構が日本育種学会賞受賞(2014.03.25)

農機の通信制御方式を共通化 農研機構(2014.03.03)

「水田放牧の手引き」作成 農研機構(2014.02.25)

GM作物政策、安全性評価不十分 パルシステム(2014.04.09)

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る