米・麦・大豆 ニュース詳細

2014.12.05 
米7tを福祉施設へ無償提供 コープネット一覧へ

 生協のコープネット事業連合は、パッケージの破損などで商品として販売できなくなった米約7トンを福祉施設や団体に無償提供した。

 コープネットでは平成25年11月から、食品ロスの削減、生活困窮者支援の一環としてフードバンク活動に取り組んでいるが、今年10月までの1年間で、品質に問題はないが店舗や宅配でパッケージが破損するなどの理由で商品として販売できなくなった米を「NPO法人セカンドハーベスト・ジャパン」を通じて福祉施設や団体に無償で提供した。その数量は、1年間で6970kg。
 寄贈先のセカンドハーベスト・ジャパンは「お米は主に炊き出しに使っているが、量が少ないので購入する場合が多く、お米を寄贈いただくことは非常にありがたい」と語っている。


(関連記事)

総供給高3カ月連続で前年超 生協10月度実績(2014.11.25)

加入から注文まで全てスマホで パルシステム(2014.11.18)

野菜相場低迷で「生産者応援セール」 コープネット(2014.11.13)

配食1日10万食、移動販売車141台に 生協(2014.11.07)

「地域見守り協定」全市町村3分の1と締結(2014.11.04)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ