左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

世界の小麦生産量 史上最高の見込み-米農務省見通し2016年2月12日

一覧へ

 米国農務省(USDA)は2月9日、2015/16年度の世界の穀物等の需給見通しを発表した。

 小麦は生産量がインドなどで減少するが、ウクライナで春の降雨による作柄改善から増加、中国、豪州等でも増加することから、世界全体では史上最高となる前年度比1.4%増の7億3577万tの見通し。消費量はEUで飼料用需要が増加することから史上最高となる同0.8%増の7億1141万tの見通し。
 世界全体の生産量は消費量を上回り、期末在庫率は同3.2ポイント増の33.6%となる見通し。
 トウモロコシは、生産量が中国、カナダで増加するが、EUで乾燥により減少、米国、ウクライナでも減少することから世界全体では史上最高だった前年度を下回る同3.9%減の9億7008万tの見通し。
 消費量は中国等で増加するが、EUで飼料用需要が減少することなどから前年度を1.0%下回る9億6745万tの見通し。生産量が消費量を上回り期末在庫率は同0.5ポイント増の21.6%の見通し。 米は生産量がインド北東部でカリフ米の単収低下、タイで乾燥による収穫面積の減少と単収の低下で減少することから、世界全体では前年度を1.8%下回る4億6950万tの見通し。
 一方、消費量は中国などで増加して史上最高の4億8368万t(前年比0.3%増)と見込みで生産量を上回る。そのため期末在庫率は同3ポイント減の18.5%に低下し、06/07年度以来の低い水準となる見込み。
 世界の穀物全体としては生産量が消費量を上回り、24億6955万t(対前年度比1.3%減)で期末在庫率は23.3%(同0.5ポイント増)の見込みとなった。
 大豆は生産量がアルゼンチンで減少するが、ブラジルで現地通貨の下落に伴う輸出競争力増から収穫面積が増加し、史上最高の3億2051万t(同0.5%増)が見込まれる。消費量は中国、アルゼンチン等で増加することから史上最高の3億1452万t(同4.7%増)となる見込み。生産量が消費量を上回るものの期末在庫率は前年度より0.1ポイント減の25.6%となる見込み。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る