米・麦・大豆 ニュース詳細

2016.05.12 
27年産米 前年産同時期より1300円上昇-相対取引価格一覧へ

 27年産米の3月の全銘柄平均相対取引価格は前月より▲13円の60kg1万3252円だった。前年産同時期にくらべ+1309円となっている。

 農水省の「米に関するマンスリーレポート5月号」では価格帯別分析結果を公表している。
 26年産米と27年産米の平均価格を比較した。それによると60kg1万3000円以上の銘柄は26年産では平均1万5253円だった。一方、27年産の同価格帯は平均1万6007円(出回り~3月まで)となり754円上昇していることが分かった。
 それ以下の価格帯の比較は、▽1万3000円~1万2000円(26年産1万2576円、27年産1万3584円)=価格差+1008円、▽1万2000円~1万1000円(同1万1496円、同1万2699円)=価格差+1203円、▽1万1000円未満(同1万124円、同1万1852円)=価格差+1728円となった。
 26年産で価格を下げた銘柄ほど27年産で価格が上昇していることが示されている。
 産地銘柄別にみるともっとも上昇したのは「群馬あさひの夢」。+3524円で60kg1万2333円となった。次いで「岩手いわっこ」が+2456円で同1万1880円、「秋田めんこいな」が+2334円で同1万1921円となっている。

今日のニュースへ戻る

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ