左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

棚田保全に大学生参画を 棚田学会9/2にシンポジウム2016年8月29日

一覧へ

 棚田学会は9月2日に「平成28年棚田学会大会シンポジウム 棚田保全に多くの大学生を参画させるには?」を東京大学山上会館大会議室で開く。同日に棚田学会賞表彰式も開かれる。

 棚田保全の課題に、労働力や担い手の確保がある。大学生は労働力だけでなく企画力やイベント運営、広報(口コミ)などでの活躍が期待でき、さらに将来の担い手になる可能性もある。
 大きな戦力であるため、大学生の参画のあり方について話し合い、呼びかけるシンポジウム。
 日時は2日の14時から17時で、基調報告として農業農村を応援する大学生サークルネット代表の中里良一氏が「『農業農村を応援する大学生サークルと農業集落のマッチング方策の構築と実証』に関する研究」を行う。このほか事例報告、パネルディスカッションが開かれる。なお、表彰式は13時から。
 会員は無料だが、一般は資料代として1000円、学生は300円。
 問い合わせ先は棚田学会大会実務担当 高橋久代 電話:090-4817-1083、メール:tanadagakkai@gmail.com

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る