2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

マツコ・デラックス「今までで一番の出来」 新米「ゆめぴりか」2016年10月21日

一覧へ

 ホクレンは10月20日、東京都内で平成28年産北海道の新米発表会を開いた。「ゆめぴりか」のCMに3年連続で出演するタレントでコラムニストのマツコ・デラックスさんも応援にかけつけ、北海道米の美味しさをアピールした。

左からミス北海道米、内田委員長、東会長、マツコさん、佐藤会長、ミス北海道米 新米発表会には、北海道の高橋はるみ知事、ホクレン農業協同組合連合会・佐藤俊彰代表理事会長、生産者代表で北海道米の新たなブランド形成協議会・東廣明会長らも出席。
 ホクレンの佐藤会長は、8月の北海道での台風被害で一部の水稲に冠水などの被害があったが、新米については「今年も大変よい食味だ」と話し、生産者の営農継続と所得向上に向けて全力で取り組んで行くと決意を語った。
 また、高橋北海道知事は、「『ゆめぴりか』はいまや北海道を代表する最高のブランド米。味わい、甘みすべて本当によいものができた」と新米を評価し、CMでのマツコ・デラックスさんの起用について「おおいにPRしてもらいたい」と期待を語った。
 3年連続で北海道米PRのキャラクターとして起用されたマツコさんのCMは、10月22日(土)から全国(東北・北陸を除く)で放映する。「ゆめぴりか」のパッケージの認知度は主要3都市で平均52.9%(平成28年5月時点)。今回のCMはパッケージの認知を目的に制作され、放映でさらなる認知度向上を図る。
「ゆめぴりか」を試食するマツコ・デラックスさん 応援に駆け付けたマツコさんは新米「ゆめぴりか」を食べると「昨年より甘い」と驚きの声を上げた。ホクレンの関係者が同意を示すと、「甘みが強くなってるよね。おいしい。これまでで一番の出来といっていいのでは」と評価した。さらには、普段米を食べない人に対し言及し、「まずどれでもいいから米を食べて美味しさを再発見していただいて。最後にいきつく先が『ゆめぴりか』だと思っていただければ。これ以上においしいお米はございません」と断言した。
 (一財)日本穀物検定協会の食味ランキングでは、「ゆめぴりか」、「ななつぼし」が平成22年産米から27年産米まで6年連続で特Aを取得(「ゆめぴりか」の22年産米は参考品種として取得)。「ふっくりんこ」も26・27年産米で2年連続で特Aを取得している(26年産米は参考品種として取得)。

左から高橋北海道知事、ホクレン佐藤会長、東会長左から高橋北海道知事、ホクレン佐藤会長、東会長左から高橋北海道知事、ホクレン佐藤会長、東会長

(写真)左からミス北海道米、内田委員長、東会長、マツコさん、佐藤会長、ミス北海道米
「ゆめぴりか」を試食するマツコ・デラックスさん
左から高橋北海道知事、ホクレン佐藤会長、東会長

(ホクレンの関連記事)
CMで認知度2倍 北海道米の取り組み ホクレン (16.10.21)

銀座三越で北海道の味覚を味わう 「ホクレン大収穫祭 in 銀座」 (16.10.21)

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る