JAの活動 ニュース詳細

2016.10.21 
銀座三越で北海道の味覚を味わう 「ホクレン大収穫祭 in 銀座」一覧へ

 ホクレンはJA全農の「みのりみのるプロジェクト」とタイアップし、東京の銀座三越で、「ホクレン大収穫祭 in 銀座」を10月1日から開いている。レストランフェアを11月6日まで行い、マルシェを11月3日から6日に開催する。

フェア中のみのる食堂前 ホクレンは首都圏の消費者に北海道産の農畜産物の美味しさや豊富さを知ってもらうことを目的に「ホクレン大収穫祭 in 銀座三越」を開催している。今年で4回目を迎える。
 レストランフェアは銀座三越9Fの「みのりカフェ」「みのる食堂」で10月1日から11月6日まで開く。北海道の新米や北海道産の食材を使ったメニューが並び、特に「みのる食堂」のディナー「まるごと北海道御膳(税込価格2991円)は、北海道産の牛肉と野菜をはじめ、すべて北海道産の食材を使っている。
 JA全農の「みのる食堂」担当者は、「1か月にわたりフェアを行うのはホクレンだけの取り組み。フェア開催前にはホクレンの職員の方からスタッフに、食材についてのレクチャーを行うなど、開催に力を入れている。今年で4回目の開催で、お客様の中には、毎年楽しみにしてくださっている方も多くいる」と話す。
 11月3日から6日に銀座三越9Fの「銀座テラス」で開かれるマルシェでは、北海道の生産者が売り場に立つため話を聞ける他、食育を目的とした農業イベントも開催される。
 ホクレンの担当者はこれまでのマルシェの様子を「例えば豆の量り売りを行う際には、生産の過程や調理方法、保管方法までお伝えします。すると、これまで豆の調理をしたことがない、という方も挑戦してみようと購入する場面が多くある」と話し、「消費者・生産者の交流が生まれる、よい機会です」と語る。

 ホクレン大収穫祭は昭和47年から始まり、現在、北海道の札幌三越でも開催されている。札幌三越での開催は45回目を迎える。

新米「ふっくりんこ」を使っていることをPR看板に北海道の詳細を記載ゆり根の料理
(写真)フェア中のみのる食堂前、新米「ふっくりんこ」を使っていることをPR、看板に北海道の詳細を記載、ゆり根を丸ごと使った料理

(ホクレンの関連記事)
マツコ・デラックス「今までで一番の出来」 新米「ゆめぴりか」 (16.10.21)

CMで認知度2倍 北海道米の取り組み ホクレン (16.10.21)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ