想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

輸入小麦 SBS枠を新設-農水省2017年6月1日

一覧へ

 農林水産省は輸入小麦のSBS(売買同時入札)方式について一部運用を改善すると5月26日に公表した。製粉企業などが実需者ニーズに合わせて原料小麦を輸入できるようすべての銘柄を対象にしたSBS方式を導入する。

 小麦は国家貿易のもと国内需要の約9割を輸入している(27年約520万t)。輸入麦のほとんどは国が代表的銘柄(主要5銘柄※)を輸入商社から一括して買い付け、国内の製粉企業に売り渡す一般輸入方式で輸入している。
 そのほかスパゲティやマカロニ用途のデュラム小麦など特定銘柄については輸入商社と製粉企業が結びついて行うSBS方式も行われている。
 今回の運用改善はこのSBS方式について、すべての銘柄を対象にしたSBS方式を導入するもの。昨年末に決定した農業競争力強化プログラムで加工業の競争力強化が課題となったことをふまえた。
 小麦の輸入はバラ積みの本船輸入と、20t程度の少量のコンテナ輸入で行われているが、新たに設けるSBS方式は本船・コンテナ輸入とも認める。農水省によれば主要5銘柄に限らず少量でも特徴ある小麦の輸入など、食品業界のニーズに製粉企業が応えることが可能になるという。新設する枠は年間20万t、これでSBS輸入は最大で年間50万tまで可能となる。第1回の入札は10月に行われる予定。
※主要5銘柄:米国産ダーク・ノーザン・スプリング、カナダ産ウェスタン・レッド・スプリング、米国産ハード・レッド・ウィンター、豪州産スタンダード・ホワイト、米国産ウェスタン・ホワイト

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る