米・麦・大豆 ニュース詳細

2019.02.20 
飼料用米普及目指しシンポジウム開催 J-FRA一覧へ

 (一社)日本飼料用米新興協会(J-FRA)は、飼料用米の普及を目指し、耕(作)畜(産)消(費)の連携を図りながら食料自給率の向上を目指し意見を交わす。

飼料用米普及目指しシンポジウム開催 J-FRA このシンポジウムは3部構成になっていて、シンポジウムのほか資料展示・飼料用米育ちの畜産物の試食会、「飼料用米多収日本一」と「飼料用米活用畜産物ブランド日本一」の表彰も予定されている。開催は3月15日(金)午前11時から。東京・文京区の東京大学 弥生講堂(一条ホール)で行われる。
 なお、生産者や生産団体、米穀流通事業者、飼料事業者、流通・物流事業者、消費者団体、研究者、学生などを対象に、先着280人の参加募集を行っている。締め切りは3月13日、一社)日本飼料用米振興協会同会(公式ホームページ)で受け付けている。参加無料。

 

<シンポジウム内容>
11:00~主催者挨拶(一社)日本飼料用米振興協会海老澤惠子理事長
11:05~挨拶 日本生活協同組合連合会藤井喜継常務理事
11:15~挨拶 農林水産省政策統括官付穀物課堺田輝也課長
11:20~基調講演「飼料用米の推進について」(仮題)農林水産省生産局畜産部飼料課犬飼史郎課長
12:00~資料展示・試食 試食会では、飼料用米を給与した豚肉のシャブシャブや鶏卵を利用したスイーツなどがある。
13:00~表彰式 挨拶 農林水産大臣(予定)
 ◆飼料用米多収日本一表彰式
 受賞者代表挨拶(飼料用米多収日本一)と記念撮影
 ◆飼料用畜産物活用ブランド日本一表彰式
 挨拶(一社)日本養豚協会香川雅彦会長
 受賞者代表挨拶(飼料用米活用畜産物ブランド日本一)と記念撮影
14:10~休憩
14:30~活動報告「飼料用米を取り扱って10年、今後に期待する!」(有)鈴木養鶏場(大分県)代表取締役鈴木明久会長
14:55~活動報告「地元の飼料用米で養豚の6次産業を目指す」(農法)菖蒲谷牧場(岐阜県)山川忠一郎代表
15:20~活動報告「飼料用米を使用した鶏卵の販売普及拡大について」昭和鶏卵(株)代表取締役不破恒昭社長
15:45~講演「協同組合間連携の取り組みについて~生産者から消費者まで~」(一社)日本協同組合連携機構(JCA)青竹豊常務理事
16:15~総括質疑応答
16:40~閉会挨拶(一社)日本飼料用米振興協会加藤好一副理事長(生活クラブ事業連合生活協同組合連合会会長)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ