左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

売上高が前年比104%に 全農パールライス30年度決算2019年7月9日

一覧へ

 全農パールライスの平成30年度決算事業概要が、6月28日開催の株主総会で報告された。

 全農パールライスの平成30年度決算は売上高が、精米販売の拡大に加え、販売価格の上昇から前年比104%の109億1200万円となり、営業利益は前年比100%の5億9200万円だった。また、経常利益は、前年比104%の6億2900万円、当期純利益は前年比100.4%の3億8700万円の増収増益となった。
 コメを取り巻く情勢は、国内人口の減少や少子高齢化、食の多様化により消費量は減少しているが、生産面では主食用米から非主食用への作付転換が進んだこと、また、平成30年産米の作柄が「やや不良」であったことから、需給全体は引き締まり、原料玄米の仕入れ価格は4年連続で上昇した。
 一方、食品に対する消費者の節約志向や競合他社との関係から、特に業務用米を中心に価格転嫁は難しい状況が続いている。
 こうした中、同社の経営理念である「国産米の販売を通じた日本の『食と『農』への貢献」を具現化するため、産地との関係強化に努めながら、積極的に精米販売の拡大に取り組んだ結果、精米販売数量が前年比101%の30万6000tと拡大した。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ヤンマーPC右上
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る