米・麦・大豆 ニュース詳細

2019.07.11 
米品質診断パッケージ「コメドックごはん」を開始  サタケ一覧へ

 サタケは、ごはんを炊いたときのおいしさや精米の仕上がりを診断する白米の品質診断サービスのパッケージ「コメドックごはん」を始めた。これを記念して12月25日まで特別価格で診断するキャンペーンを行っている。

コメドックごはん診断結果報告書の一例  サタケコメドックごはん診断結果報告書の一例

 

 「コメドックごはん」は、利用者から預かった白米を一定条件で炊飯して診断するサービス。基本セットに含まれるDNA品種鑑定と炊飯食味の評価に加え、オプションで精米の仕上がりと外観の仕上がりを評価を追加することができる。
 数値による結果表記に加え、診断結果をもとにした栽培、乾燥調製、精米など各工程の具体的な改善策もわかる。また、産地精米に取り組む生産者や中小精米卸業者など白米の販売者は、顧客からのクレームの原因究明や製品の品質向上にも役立つ。
 なお、基本診断にDNA品種、内観品質、外観品質・形状が含まれる従来の「コメドック」については、1年間の実績と利用者の声をふまえ、診断項目を一部入れ替える。
 「コメドック」と「コメドックごはん」が特別価格で診断できるキャンペーンは12月25日まで実施中。期間中は、「コメドック」は基本診断が通常1万7000円のところ1万円に、「コメドックごはん」は、通常2万7000円のところ2万円で診断できる。
 問い合わせは、サタケ 穀物分析センター(電話)082-420-8558へ。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ