左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米の需給判断 見方分かれる-米取引関係者2019年7月17日

一覧へ

 米穀機構が毎月公表している米取引関係者による米の需給や価格の見通し判断によると向こう3か月の判断指数は「51」と前月より「締まる」との見方がやや増えたが、見方が分かれているともいえる。

 主食用米の需給動向について現状判断の指数は56で前月から4ポイント増えた。指数は100に近づくほど需給が締まるとの見方が強くなり、ゼロに近づけば緩むとの見方が強まっていることを示す。
 向こう3か月の判断は前月の48から3ポイント増えて51となった。4月にくらべて需給が締まるとの見方が3か月連続で増えたが、指数は50前後のため関係者の判断は分かれているともいえる。
 米価水準についての現状判断は70で前月と同じ。「高い」との判断が続いている。一方、向こう3か月の判断は前月から1ポイント増えて51となった。昨年の出来秋から3月までは米価は「低くなる」との見方が強まっていたが、3月から指数が増加しており「高くなる」との判断が強まっている。ただ、指数は51で、需給判断と同様に関係者の判断が分かれている。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る