Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

西南暖地「平年並み」か「やや不良」 農水省早期栽培作柄概況2019年7月29日

一覧へ

 農林水産省は7月26日、西南暖地における水稲の早期栽培などの作柄概況(7月15日現在)を公表した。「平年並み」または「やや不良」の見込み。

 西南暖地の早期栽培の作柄は、高知県および宮崎県で「やや不良」、鹿児島県で「平年並み」が見込まれる。これは、田植え期以降おおむね天候に恵まれたことにより全もみ数は平年以上に確保されると見込まれるものの、6月下旬以降の日照不足などの影響により登熟が「やや不良」ないし「不良」と見込まれるためである。
 沖縄県の第一期稲の作柄は、5月以降の日照不足等の影響により「不良」が見込まれる。
 詳しくは、令和元年産水稲の西南暖地における早期栽培等の作柄概況(7月15日現在)(農林水産省)をご覧ください。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る