左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ごはんを食べて旅する気分に 岡山パールが「旅するお米シリーズ」発売2019年8月5日

一覧へ

 JA全農の子会社、岡山パールライス(株)は、“新品種””ではなく“産地”にフォーカスした新商品「旅するお米シリーズ」を8月19日から岡山県内を中心にスーパー、百貨店などで発売する。

nous1908050301.jpg 新発売の商品は「富良野ななつぼし」と「四万十こしひかり」。それぞれ2㎏(窒素充填スタンドパック)で1080円(税抜)。

 「旅するお米シリーズ」は、『毎日の食事を旅気分に』をコンセプトに、自宅に居ながら、日本各地の名所を旅するような気分、さまざまな地域・品種のお米を手軽に楽しんでもらいたいという思いで開発された。
 近年、減反政策廃止に伴い、日本全国で新ブランド米の開発が活発になっている。しかしその多くが高価であるため消費者には手に取りにくい。また、1人あたりの年間の米消費量は減少傾向が続き、平成10年から29年までの間に65.2㎏から54.2㎏まで約17%も減少(農水省『食料需給表』)している。。
 そこで「旅するお米」では、量(安くたくさん食べる)から質(茶碗1杯を楽しむ)を求める消費者が増えると考え、手軽な価格で、ごはんを楽しむことができる商品として開発された。
 開発に当たっては、「実際のお米の購入者の多くを占める女性目線で商品を作ることに徹底的にこだわった」という。
 社内の女性や家族へのヒアリングなどを行った結果、「ブランド米が乱立し選択肢は増えたものの、業界人ではない一般の消費者にとっては、産地やブランドによる味の差をつけづらく、もっとシンプルにした方がよいことが分かった」という(同社営業課)。
 「旅するお米シリーズ」は、今回の「富良野ななつぼし」「四万十こしひかり」を皮切りに随時ラインナップを追加する予定だ。
 問い合わせ先は、岡山パールライス(株)電話0866?94?0007。

(写真)「旅するお米」左が「四万十こしひかり」右が「富良野ななつぼし」

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る