想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「飼料用米多収日本一」「米活用畜産物ブランド日本一」受賞者決定 農水省2020年2月27日

一覧へ

 農林水産省は2月26日、平成元年度「飼料用米多収日本一」と「飼料用米活用畜産物ブランド日本一」の受賞者を決定した。

 この賞は、飼料用米の本作化を推進するため、飼料用米の単収向上や飼料用米を活用した畜産物のブランド化について優れた取り組みを表彰することで、その成果を広く紹介するもの。

 受賞者は次のとおり。
◎「飼料用米多収日本一」受賞者
◆単位収量の部
▽農林水産大臣賞 相澤正之(奈良県) <品種「べこあおば」10a当たり収量940kg>

▽政策統括官賞 福士正弘(青森県) <品種「みなゆたか」10a当たり収量938kg>

▽全国農業協同組合中央会会長賞 出島博昭(秋田県) <品種「秋田63号」10a当たり収量881kg>

▽全国農業協同組合連合会会長賞 (農)ふながわ代表者 由井久也(富山県) <品種「やまだわら」10a当たり収量820kg>

▽協同組合日本飼料工業会会長賞 上田隆(秋田県) <品種「ふくひびき」10a当たり収量819kg>

▽日本農業新聞賞 小松田光二(秋田県) <品種「秋田63号」10a当たり収量867kg>


◆地域の平均単収からの増収の部
▽農林水産大臣賞 (株)アグリイワナガ代表取締役 岩永新一郎(佐賀県) <品種「ミズホチカラ」地域の平均単収からの増収10a当たり338.6kg>

▽政策統括官賞 牟田基治(佐賀県) <品種「ミズホチカラ」同323.7kg>

▽全国農業協同組合中央会会長賞 (株)M's green代表取締役 松永浩二(佐賀県) <品種「ミズホチカラ」同310.7kg>

▽全国農業協同組合連合会会長賞 梅崎聖人(福岡県) <品種「ミズホチカラ」同319.6kg>

▽協同組合日本飼料工業会会長賞 筑紫東治(佐賀県) <品種「ミズホチカラ」同268.1kg>

▽日本農業新聞賞 溝口康博(佐賀県) <品種「ミズホチカラ」同302.6kg>


◎「飼料用米活用畜産物ブランド日本一」受賞者
▽農林水産大臣賞 ブランド名「オクノの玉子」(株)オクノ(兵庫県)

▽政策統括官賞 同「桜井さんちのひたち米豚」常陽醗酵農法牧場(株)(茨城県)

▽全国農業協同組合中央会会長賞 同「えこめ牛」JA菊池ホルス研究会(熊本県)

▽(公社)中央畜産会会長賞 同「平飼い米たまご、おこめ美人」(株)地主共和商会(三重県)

▽審査員特別賞 同「川添ヤギ牧場」(高知県)

▽審査員特別賞 同「こだわり卵ボリスブラウン」奈良県立磯城野高等学校(奈良県)


 なお、例年実施している「飼料用米多収日本一」表彰式(農水省および(一社)日本飼料用米振興協会主催)、「飼料用米活用畜産物ブランド日本一」表彰式((一社)日本養豚協会主催)の日程などについて、農水省は、詳細が決まり次第発表するとしている。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る