米・麦・大豆 ニュース詳細

2020.03.04 
JA秋田おばこと加工用米複数年契約を締結 JA全農一覧へ

 JA全農は、秋田県JA秋田おばこと加工用米について5か年を期間とする複数年契約を3月4日に締結した。

 JA全農は、米生産者の将来にわたる営農安定のため、事前契約(播種前契約・複数年契約)の拡大を推進してきたが、主食用のうるち米などに比べ、酒や米菓などの原料に向けられる加工用米では、複数年契約の割合が近年低い水準で推移している。

 こうした中で、長期・安定的に加工用米の生産を行いたい生産者のニーズと、長期・安定的に原料を確保したい実需者のニーズをマッチングするため、このたび、JA秋田おばこと複数年契約を締結した。

 JA全農は、今後も米生産者の営農安定のため加工用米を含めた米穀全体で複数年契約の拡大に取り組んでいくとしている。


 今回の複数年契約の概要は次のとおり。
▽締結JA JA秋田おばこ
▽締結品目 加工用うるち米
▽締結年産 令和2年産〜6年産(5か年契約)
▽締結数量 1万トン/年

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ