2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

地球に優しいプラスチック お米から生まれた「お米カード」新発売2021年6月23日

一覧へ

プラスチックカードへの印刷事業を手がける株式会社研美社(大阪市都島区)は6月20日、米由来の国産バイオマスプラスチックが原材料の「お米カード」を発売した。

地球に優しいプラスチック お米から生まれた「お米カード」新発売

「お米カード」は、株式会社バイオマスレジン南魚沼が開発した国産バイオマスプラスチック「ライスレジン」を基材としたカード。食用に適さない古米や米菓メーカーから発生する破砕米など、飼料としても処理されずに廃棄されてしまうお米を、新しいテクノロジーでプラスチックへアップサイクルしている。また、「お米カード」に使われるプラスチックの一部は米で代替できるため、政府の石油系プラスチック削減目標と焼却時のCO2排出削減に貢献できる。

カード自体はやや透明性があり、薄いブラウンカラーの仕上げ。米の含有率は10%で、触った感じは従来のプラスチックとあまり変わらず、お米らしい自然の雰囲気がある。カードとして商品化するのは全国初。社員証の他にもショップカードやクレドカードなどに利用でき、食用に適さない米を使っているため、フードロス削減にも繋がる。

「お米カード」は、85.6×54ミリ、厚みは0.4ミリ。UVインクジェット印刷、オフセット印刷が可能。

【お米から生まれたエコカード「お米カード」】

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る