人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

パックご飯「購入増やしたい」3割 米穀機構調査2022年6月13日

一覧へ

米穀機構はこのほど「パックご飯」の購入状況についての調査結果を公表した。

調査は4月初めにインターネットでアンケートを実施し、調査結果を6月1日公表した。

「パックご飯」の購入場所は「スーパーマーケット」が93.7%と圧倒的に多かった。

購入頻度は「半年に1回程度」が20.8%ともっとも多く「1年に1回程度」の13.2%とともに、賞味期限に合わせた買い替えが行われていることが想定されるという。

ただし、「毎週1回は購入している」割合は15.3%となっており日常的に購入する人も一定程度あることがうかがえ、購入頻度は多様なことが示された。

買い物1回当たりの購入個数は「3個」が42.9%ともっとも多く、次いで「5個」19.0%、「6個」10.1%となっている。

購入する「パックご飯」の内容量は「200g」が28.0%ともっとも多く、次いで「150g」24.9%、「180g」23.3%となった。

この質問には男女差があり、男性では「200g以上」が51.2%、女性では「180g以下」が58.0%となっている。

購入単価は「71円~100円」が29.0%、「101円~130円」が28.8%と約3割ずつを占め、両価格帯で約6割を占める。

購入理由は「ご飯をすぐに食べることができる」56.8%、「長期保存ができる」50.5%となっており、簡便性と保存性の両方が重視されていることが示された。ただ、「防災のため」も30.3%だったことからすると、保存性がもっとも重視されているといえる。

パックご飯の購入量が以前とくらべて「増加」している割合は9.2%、「やや増加」の19.4%と合わせると約3割となった。そのうち約2割がコロナ禍の影響で購入が増えたと回答した。

パックご飯をもっとも多く利用するのは「家での夕食」で41.5%、次いで「家での昼食」が28.1%だった。そのほか、「炊飯するのが面倒なとき」38.5%、「ご飯をすぐに食べたいとき」30.8%、「ご飯が少し足りないとき」27.3%など、簡便性や利便性を活かした利用がされている。

今後の購入意向については約3割(26.8%)が「購入を増やしていきたい」と回答した。理由としては「ご飯を炊くより簡単だから」52%、「1人で食事をするときに楽だから」39%といった簡便性の面のほか、「これからは防災が必要になるから」52%となった。

そのほか「食品ロス対応」24%、「内容量の手頃感」22%となっている。

パックご飯は年々生産量が増加しており、国内だでなく輸出品目としても注目されており、米国が最大の輸出先国となっている。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る