秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

「米粉スイーツレシピコンテスト」最優秀賞が決定「みのりカフェ銀座三越」で提供 日本米粉協会2023年1月25日

一覧へ

日本米粉協会は、「米粉スイーツレシピコンテスト」を2022年10月に開催。厳正な審査の結果、最優秀賞には金川恵理さんが考案した「畑の恵み!蓮根入り米粉のキャロットケーキ」が選ばれた。優秀賞の受賞レシピは、JA全農が運営する「みのりカフェ銀座三越」のスイーツメニューとして採用され、2月1日~14日の期間限定で提供される。

最優秀賞の「畑の恵み!蓮根入り米粉のキャロットケーキ」最優秀賞の「畑の恵み!蓮根入り米粉のキャロットケーキ」

日本米粉協会は、食料安全保障に対する国民全体での意識が高まる中、輸入に依存している小麦から国産米粉への原材料切り替えを促進するため、消費者や米粉事業者に広く普及することで新たな米粉の加工品の普及・需要拡大に取り組んでいる。この取り組みの一環として開かれた「米粉スイーツレシピコンテスト」は、新たな米粉の加工手法や加工品の普及事業を目的としている。

同コンテストには、約1か月間という短い募集期間にもかかわらずレシピ計166点の応募があった。審査基準と評価方法については、美味しさ、米粉の使用割合、外観、独創性等の項目で採点し合計点で評価。審査委員長で同協会の服部幸應会長ら審査委員による厳正な審査の結果、最優秀賞1点、優秀賞2点、特別賞7点を選定した。

審査委員長の服部幸應会長(右から2人目)らが審査.jpg審査委員長の服部幸應会長(右から2人目)らが審査

最優秀賞の「畑の恵み!蓮根入り米粉のキャロットケーキ」は、米粉を活かしたもちもち感に、蓮根のシャキシャキ食感が加わり、自然で程よい甘さが感じられるケーキ。その完成度は高く、審査員からは、美味しさ・外観・独創性の観点で優秀作品の中でも最高評価が与えられた。

最新の記事

ヤンマーSP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る