人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

福井の推し米を見つける「お米選びの診断チャート」提供開始 福井精米2024年2月5日

一覧へ

福井精米株式会社(福井県福井市)は、一人ひとりの好みにあったお米を見つけることができる「お米選びの診断チャート」をリリース。毎年多くの新しい品種が開発・発売される米のなかから、自分の好みに合う福井県の品種を見つけられる。

福井の推し米を見つける「お米選びの診断チャート」提供開始 福井精米_02.png福井県はコシヒカリ発祥の地で、北陸の米どころ。延長116kmの九頭竜川は豊富な栄養を含んだ土地を作り、さらに年間平均約2000ミリを超える雨や雪が大地を潤し、山から注がれるミネラル分と共に大地に栄養を与えている。こうした環境のもと、福井県では、コシヒカリやハナエチゼン、あきさかりなど有名品種から、ミルキークイーンなど特徴的な品種まで幅広く栽培されている。

市場には現在、320種類もの主食用(ごはん)米の品種が登録されており、その中には知名度の低い品種も少なくない。特に福井県の新品種「ふくむすめ」は2020年に登録された大粒品種だが、味の良さに比べて知名度が低く、なかなか市場に出回る機会が少ない。

福井の推し米を見つける「お米選びの診断チャート」提供開始 福井精米_01.png

今回リリースした診断チャートは、10人のパネラーの意見をもとに、「あっさり」「甘味」「歯ごたえ」「粘り」「粒の大きさ」など、各品種の特徴を算出。さらに、価格や無洗米の有無も考慮した。3~6問の簡単な質問に答えるだけで、自分の好みに合うお米を見つけることができる。

お米は「もっちり」「さっぱり」の食感、「あっさり」「甘い」の味の分類、粒の大きさによって食べ応えが異なる。例えば、「コシヒカリ」は、「もっちり」「甘い」とされる一方、「ミルキークイーン」は「コシヒカリ」よりもさらに「もっちり」「甘い」のが特徴。甘さを求める人には「ミルキークイーン」がおすすめだが、もっちりした食感が苦手な人には「コシヒカリ」がおすすめとなる。

さらに、大粒ミルキークイーンともいわれる「ふくむすめ」は、ミルキークイーンの特徴に加えて食感と食べ応えも楽しめるため、ミルキークイーンの特徴に加えて食感と食べ応えも楽しみたい方におすすめ。今回リリースした診断チャートは、こうした特徴を加味して選ぶことができる。

【お米選びの診断チャート】
https://fukuinokomeya.com/html/page28.html

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る