肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2013.05.20 
未使用タオルで酪農家応援 パルシステム一覧へ

 パルシステム生活協同組合連合会は、家庭に眠っている未使用タオルを酪農生産者に届け、搾乳前の牛の清拭などに役立ててもらう「タオルを贈る運動」を、毎春実施している。今年も未使用タオルの募集をスタートした。

 おいしい牛乳をつくるためには、細菌数の少ないきれいな生乳が欠かせない。酪農生産者は搾乳のさい、牛の乳房をタオルで清拭している。この作業は牛の乳房炎の防止にもなる。
 そこでパルシステム生協連は、昭和60年より、酪農生鮮者に「タオルを贈る運動」を実施してきた。贈答品など未使用のまま家庭に眠るタオルを酪農の生産に生かそうというものだ。
 これまで産地に寄贈したタオルは203万枚になる。28年目を迎えた今年は、5月20日から31日まで募集する。詳しくは、パルシステム生協連ホームページで。

集めたタオルとメッセージは4つの産直産地(左から、北海道「こんせん72牛乳」、茨城「酪農家の牛乳」、埼玉「酪農家の牛乳」、岩手「いわて奥中山低温殺菌牛乳」)に贈られる。

(写真)
集めたタオルとメッセージは4つの産直産地(左から、北海道「こんせん72牛乳」、茨城「酪農家の牛乳」、埼玉「酪農家の牛乳」、岩手「いわて奥中山低温殺菌牛乳」)に贈られる。


(関連記事)

「被災地の新しい『明日』カンパ」に1800万円(2013.05.16)

野菜料理のレシピ集を発売 パルシステム(2013.05.08)

商品利用通じ8880万円を復興支援に(2013.04.11)

鶏卵の飼料用米配合20%以上に パルシステム(2013.04.08)

母が飲めば子も パルシステムが牛乳調査(2013.03.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ