左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

全国8カ所で飼料用米専門検査員研修 穀検2014年6月6日

一覧へ

 一般財団法人日本穀物検定協会(穀検)は6月中旬から下旬にかけて、全国8カ所で「飼料用米検査員育成研修」を行う。

 政府は26年産米から新たに飼料用米増産にむけた支援策を行うことを決めているが、それに伴い、飼料用米の農産物検査ができる検査員が必要となる。こうしたニーズを受けて、穀検は新たに飼料用米専門の検査員育成研修会を開くことにした。
 研修会は3日間の基礎課程(講義、実習)と1日の現場実習の計4日間で行う。費用は税別7万5000円で、申し込みは穀検各支部まで。
 全国8カ所の日時、場所、申し込み・問い合わせ先は以下の通り。 

 穀検 飼料用米専門農産物検査員育成研修会  


(関連記事)

新たに2農場をHACCP認定 中央畜産会(2014.05.30)

ネット販売を本格化 JA全農の26年米穀事業(2014.05.07)

26年産備蓄米、24万9200t落札(2014.03.27)

飼料用米の検査規格を了承 農産物検査規格(2014.03.31)

過去最多39銘柄が特A 25年産米食味ランク(2014.02.14)

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ヤンマーPC右上
クミアイ化学右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る