肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2014.05.30 
新たに2農場をHACCP認定 中央畜産会一覧へ

 中央畜産会は5月29日、新たに8農場を農場HACCP認証農場に認定したと公表した。

 今回の認定で、全国の認証農場数は34となった。
 認証農場の経営種別は、乳用牛5、肉用牛2、豚14、採卵鶏12、肉用鶏1、となっている。
 中央畜産会では農場HACCP認証農場の申請を随時受け付けている。

 今回、認定を受けた農場は次の通り(認証番号順)。
▽(有)北海道種鶏農場 白老農場(北海道・採卵鶏)
▽(有)北海道種鶏農場 社台農場(北海道・採卵鶏)
▽(有)北海道種鶏農場 グランファーム(北海道・採卵鶏)
▽(有)ノースチック 白老育成場(北海道・採卵鶏)
▽(有)井上牧場(群馬・乳用牛)
▽宮野牧場(石川・乳用牛)
▽(株)礎建装 草苗農園(長野・肉用鶏)
▽(有)中村ファーム(長野・豚)

 認証農場の一覧は、中央畜産会ホームページで公表されている。

 

(関連記事)

精肉の国産志向が顕著に JC総研調査(2014.04.09)

新たに9農場をHACCP推進農場に指定(2014.04.01)

飼料用米で育てた畜産物 9割が購入希望(2014.03.31)

畜産・酪農も基本方針見直し-農水省(2014.02.19)

新たに2農場をHACCP認証農場に 中央畜産会(2013.12.19)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ