肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2019.11.29 
養豚自働化プロジェクト開始 Eco-Porkなど三社が業務提携一覧へ

 Eco-Pork(東京都千代田区)、田中衡機工業所(新潟県三条市)、リバネス(東京都新宿区)の三社は11月29日、業務提携を行いAI、IoT、ICTを活用して豚肉の生産性や資源効率性を改善する「養豚自働化プロジェクト」を開始した。

畜産自動管理システムのイメージ畜産自動管理システムのイメージ


 養豚場で収集した各種IoT・豚育成データを元に、育成条件・環境をAIで自動で最適管理・制御し、豚肉の生産性・資源効率性を改善する「畜産自動管理システム」の実証を始める。

 Eco-Porkは、養豚と最新のデータテクノロジーをつなぎ、豚肉の生産性・資源効率性を高めた新たな養豚モデルの開発に取り組んでいる。
 一方、1903年創業の工業用・産業用はかり専業メーカー、田中衡機工業所は、養豚業向けに一人で簡単に移動できる豚用はかりDGMの製造販売や、AI画像認識を活用した画像体重推定システムを開発。またリバネスは、2010年から沖縄県で地域の未利用資源を活用した飼料開発と、それを給餌する養豚事業を展開するなど、農学に基づく豚飼料開発と養豚事業の知見がある。

 三社の業務提携により、Eco-Porkは自社で保有する80万頭分の豚データに加え、田中衡機工業所より体重・肉量データの日量2万頭分を受領し、リバネスが持つ農学的な知見を活かして生産性・資源効率性を高めるAIを開発する。
 またEco-Porkは田中衡機工業所の体重データ受領を受け、養豚経営支援ソフト「Porker」を通じて田中衡機工業所の体重計ユーザに体重・肉量の見える化ソリューションを提供するとともに、田中衡機工業所が開発を進めているAI画像認識技術を用いたデジタル体重計の開発に協力する。こうした養豚の自動最適化により、生産量50%アップ(日本平均比)をめざす。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ