Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:シグナム
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

理解醸成のためTV番組などでPR-中央酪農会議2020年5月27日

一覧へ

中央酪農会議は、新型コロナウイルス感染拡大を踏まえた理解醸成活動の一環として、TV番組を通じた酪農の現状と取り組み紹介、同会議情報誌特別版の発行、ミルクレシピキャンペーン展開などを行う。

理解醸成のためTV番組などでPR-中央酪農会議ミルククラブVoL126

TV番組による紹介は、5月29日午後8時50分から放映する「賢者の選択FUSION ビジネスLAB特別編」(BS12)で、関係者へのインタビューなどを放映する。

千葉県八千代市の酪農家である(株)加茂牧場の加茂太郎代表取締役が、コロナ禍による不安とともに指定団体の懸命な取り組み、今後も生産を継続する覚悟などを述べる。

同会議の菊池一郎理事(関東生乳販連代表理事会長)も登場し、団体活動や国内農業・食の大切さ、持続可能な酪農に向けた思いを語る。

このほか、番組ホームページ内の特設コーナー設置や同会議ホームページでの動画紹介(いずれも6月1日以降予定)、経済誌への菊池理事インタビュー記事掲載なども行う。

情報誌特別版は、年4回発行している「ミルククラブ」の発行時期を早める形で実施。酪農や牛乳・乳製品の価値PR、消費拡大を狙ったレシピ紹介などで構成する。

6月上旬の発行を予定し、16万8000部を9500か所(関係団体・牧場・図書館・病院・量販店など)に送付する。

ミルクレシピキャンペーンは、牛乳を使った応募者本人考案のレシピを募るもので、「MILK JAPAN」サイトで写真を掲載。抽選で100人にオリジナルグッズ(専用キャラクター印刷の耐熱クリアボトル、500ml)を贈呈する。期間は5月29日から6月30日まで。

 

【MILK JAPAN】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る