想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

年末年始は牛乳乳製品好調 Jミルク2021年1月14日

一覧へ

Jミルクは1月8日、需給短信を公表した。牛乳乳製品は新型コロナウイルスの感染拡大で、業務用需要がより一層厳しさを増す一方、家庭内消費は巣ごもり需要の増加が予想されることから、引き続き状況を注視する必要があるとしている。

12月28日からの週の販売数量は、前年同期比で牛乳103.9%、成分調整牛乳99.3%、加工乳95.6%、乳飲料94.4%となり、牛乳類では101.9%と前週を上回り推移している。

また、年末年始(12/28週)の牛乳や大容量タイプのヨーグルトの家庭内消費は前週(12/21週)に比べ伸び率が拡大しており、家庭用バターについても需要期のピークは過ぎたものの、伸び率が大きく伸長したことから、一定以上の巣ごもり需要があったものと考えられる。

ただ、再び首都圏(1都3県)で緊急事態宣言が出され、外食産業へのさらなる時短要請で業務用需要はさらに減少し、当面はこの状況が続くことが予想される。一方、家庭内消費については、巣ごもり需要が増加する可能性があるものの、今後の消費動向は不透明な点が多いことから、今後の状況を注視しながら対応を図っていく必要があるとしている。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る