Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「うるまの平飼い卵」クラウファンディングで公開 EggSmart2021年3月2日

一覧へ

沖縄県うるま市にある養鶏場を経営するEggSmart株式会社(神奈川県川崎市)は3月6日、自社ブランド「うるまの平飼い卵」をクラウドファンディングで公開する。

うるまの平飼い卵うるまの平飼い卵

同社は、横浜国立大学在学中の21歳、宮崎将明さんが経営する養鶏場。「鶏と養鶏家をともに幸せにする」という理念で、養鶏業界を変革するために立ち上がった。

「うるまの平飼い卵」は、養鶏の現状を変えたいという思いから起業して作り上げたブランドで、人にも鶏にも環境にもやさしい「うるまの平飼い卵」はこだわりがたくさん詰まっている。

平飼いでは鶏が、動物本来の習性に基づいて過ごせるよう、目の前のものをついばむ、自由に羽を広げる、止まり木に乗って寝るなど当たり前の環境を提供。餌にはシークアーサーパウダーの余りとなる皮の部分をブレンドし、捨てられるはずのものを使い、大量生産の理念と相対する平飼いは、環境へのやさしさも兼ね揃えている。シークアーサーの皮には栄養成分が豊富に蓄えられている。また、平飼いの鶏にはストレスがかからないため、卵がより健康的であることも特徴だ。

養鶏場代表の宮崎さん養鶏場代表の宮崎さん

【EggSmart】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る