JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:シグナム
ベリマークSC:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

牛の生産性向上とメタン抑制両立へ ムーンショット型農林水産研究シンポジウム開催 農研機構2021年9月14日

一覧へ

農研機構は10月7日、ムーンショット型農林水産研究開発事業の研究課題「牛ルーメンマイクロバイオーム完全制御によるメタン80%削減に向けた新たな家畜生産システムの実現」に関するシンポジウムをオンラインで開催。牛のゲップに含まれるメタン排出削減の取り組みと、期待される成果について発表する。

農研機構は、農林水産省の「みどりの食料システム戦略」で位置付けられた温室効果ガスの削減に向けた様々な研究開発に取り組んでいる。また、牛メタン削減コンソーシアムの構成員として、2050年までに牛の消化管発酵由来のメタン産生量の80%削減と乳・肉生産性10%向上を可能とする、持続的な家畜生産システム開発における現在の取り組みについて発表する。

同シンポジウムでは、メタン削減を実現するための飼料資源開発、ルーメン微生物研究、ルーメン発酵モニタリングシステム開発について発表。また、これらの研究の実現の可能性、海外や各分野からの期待についてメッセージが寄せられ、併せて、アンケートにより削減技術などへの意見を集約し、プロジェクト成果資料作成の参考とする。

<開催概要>
日時:10月7日13:00~16:00
開催方法:オンライン開催(Zoomウェビナー)
定員:約300人
申込方法:北海道大学のホームページから、申込みフォームで申し込む。
申込締切:当日のシンポジウム終了まで申込可能

【北海道大学】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る