ヘッダー石原バイオ:ランマンフロアブルSP
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

酪農のふん尿処理システム「MOラグーンfor Dairy」2023年春に導入へ 森永乳業2022年5月13日

一覧へ

森永乳業は、生乳生産に伴う環境負荷の低減と生乳生産基盤の強化を目指し、"畜産バイオマス発電施設"と"排水処理施設"を兼ね備えた酪農・畜産におけるふん尿処理システム「MO-ラグーンfor Dairy」を、森永酪農販売が運営する那須岳麓農場に導入する。

酪農のふん尿処理システム「MOラグーンfor Dairy」2023年春に導入へ 森永乳業

「MO-ラグーンfor Dairy」は、バイオガスプラントと森永乳業グループの独自技術である"微生物の力で排水を分解処理する「MO-ラグーン」"を組み合わせたシステム。「MO-ラグーン」を酪農・畜産におけるふん尿の浄化に応用し、浄化後に放流する。また、バイオガスプラントを組み合わせた「MO-ラグーン for Dairy」を導入することで、牧場で排出されるメタンの排出量を最大30%と大幅削減を目指す。

「MO-ラグーン for Dairy」によるふん尿処理「MO-ラグーン for Dairy」によるふん尿処理

さらに、「MO-ラグーンfor Dairy」によって那須岳麓農場ではほ場に散布するたい肥の量を現状の約75%削減を目指している。たい肥の散布量を大幅に削減できれば、散布の人手やほ場確保など酪農家が抱える課題解決に役立つと考えられる。

那須岳麓農場の現状のふん尿処理那須岳麓農場の現状のふん尿処理

森永乳業はこれらの実証研究施設として「MO-ラグーンfor Dairy」を森永酪農販売の那須岳麓農場に導入。効果検証にもとづく成果を活用し、将来的には、システムそのものを全国の酪農家へ販売することで、酪農家が直面するふん尿処理課題と環境負荷の低減につなげる。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る