人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

ホクレン バター向け生乳 1kg6円引き上げで決着2023年9月1日

一覧へ

ホクレンは8月31日、バター仕向けの乳価を現行価格より1kg当たり6円引き上げることで乳業メーカーと合意したと発表した。

12月1日から適用される。用途別原料乳価格は脱脂粉乳・バター等向け、生クリーム等向けとして価格交渉をしてきたが、今回は脱脂粉乳・バター向け等のうちバターに仕向ける分だけ1kg当たり6円引き上げる。引き上げ率は7.0%。また、生クリーム向けも6円引き上げる。引き上げ率は6.6%。

国際的な穀物価格の上昇や子牛価格の下落で酪農経営が非常に厳しくなるなか、ホクレンは加工向けの乳価を期中改定するよう乳業メーカーと交渉してきた。

ホクレンによるとバターはインバウンド需要が戻り需要が上向いている一方、ヨーグルト需要などは回復せず脱脂粉乳の在庫は積み上がっている。

そのため今回の交渉では脱脂粉乳向けの乳価を引き上げると需要減退で在庫がさらに増えるのではないかとの懸念から、バター向けだけ引き上げる異例の決着となった。

今回の合意は大手乳業者と中堅乳業者15社と合意。全取引先は約140社あることからホクレンは今後、他の乳業社と交渉する。

ホクレンによると、今回の引き上げで12月以降、生産者に支払うプール乳価(総合乳価)は現在とくらべて1kg当たり2円20銭上がるという。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る