左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

受講者を募集 JA経営マスターコース2014年9月8日

一覧へ

 JA全中は、平成27年度JA経営マスターコースの受講者を募集している。募集人員は40人で、申し込みは通期コースが平成27年2月13日、7か月および4か月コースが同年8月14日まで。

 JA経営マスターコースは、JAの経営戦略を立案し、その実行を担うことのできる基幹的人材育成を目的とする。原則としてJAの職能資格3等級から6等級の職員(20歳代後半から30歳代後半)で、受講開始までに日商簿記検定3級程度の簿記知識が必要。
 開講期間は27年4月8日?28年3月10日。通期コースと7か月コース、4か月コースがあり、場所はJA全国教育センター(東京都町田市相原町)。講師陣は第一線で活躍する研究者、専門家、実務者などで編成。特にケースメソッドによるカリキュラムは、慶應ビジネス・スクール所属の講師陣が当たる。

 

◆JA簿記会計法務講座も

 併せてJA全中は、27年度JAマスターコース・JA簿記会計法務講座の受講生を募集している。JAマスターコースの一部で、27年度に監査士資格試験を受験するJA都道府県中央会の職員が対象。
 受講開市までに監査士検定試験、または日商簿記検定3級以上に合格している必要がある。
 開講期間は27年4月8日?9月4日。募集人員は20人以内で、申込みは同年2月13日まで。


(関連記事)

米価低迷に危機感 萬歳JA全中会長(2014.09.05)

西川新農相就任 全中会長が談話(2014.09.04)

農作業事故、実学から解決 10月1日にシンポ(2014.09.04)

【JA 人と事業2014】本田誠次・JAいわみ中央組合長 女性部の活動で地域を元気に(2014.09.04)

自主改革を成功させよう(2014.09.02)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る