JAの活動 ニュース詳細

2015.01.09 
「きずなを大切に」 全中作文・図画コン表彰式一覧へ

 JA全中は1月9日、東京・大手町のJAビルで第39回「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクールの表彰式を行った。

萬歳章JA全中会長 このコンクールは、全国の小・中学生を対象に「ごはん・お米」をテーマにした作文・図画作品を募集するもの。子どもたちに日本の農業や、お米の大切さを知ってもらおうと昭和51年から毎年行っている恒例のイベントだ。
 表彰式で萬歳章JA全中会長(=写真左)は、今年度は作文で5万5202点、図画で7万8193点の応募があり、とくに図画部門は前年に比べて5000点以上応募が増えたことを紹介し、応募した児童・生徒と保護者、学校関係者らに感謝を述べた。また、最近の米情勢に触れて「価格下落などがあり、必ずしも明るい話題ばかりではないが、こうした作品を通じて、日本の農業や米作りへの理解が広がってほしい」と期待した。
 審査委員長の中村靖彦・東京農大客員教授は、「農村の風景は大きく変わっているが、米づくりに大切な地域や家族の絆、結びつきの大切さは変わっていない」と述べ、入選した児童・生徒らに「これからも祖父母、ご両親とともに日本の米づくりを大切にしていってほしい」と呼びかけた。
内閣総理大臣賞で表彰をうけた本多和声さん(図画) 今年の作品の傾向については、図画部門は「昨年まで多かったお祭り、アイガモ農法、バケツ稲、学校行事の様子を描いた作品が少なくなり、日常の食事や田植、刈り入れ作業の様子を描いた作品が多かった」(岡村泰成・美術家集団Moss Spirits代表)と紹介。作文については、「家族で食卓を囲む楽しさ、大切さが伝わってくる作文が多かった。農家の米づくりへの思い、収穫の喜び、それにまつわる家族の絆を垣間見ることができた」(森田盛行・全国学校図書館協議会理事長)と評価した。
 入選作品は1月13〜23日まで、JAビル4階の農業・農村ギャラリーで展示される。

(写真)
内閣総理大臣賞で表彰をうけた本多和声さん(図画)


(関連記事)

農協改革、一致団結で乗り切ろう! 萬歳会長 (2015.01.05)

「ごはん・お米」作文・図画コン 受賞者決まる(2014.12.09)

ごはん食の大切さ、受け継いで JA全中が表彰(2014.01.10)

書道・交通安全ポスター入賞者決定 JA共済連(2013.12.16)

JA全中作文・図画コン 受賞者が決定(2013.12.11)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ